写真は、優しさ

 

みなさん、こんにちは。
棚田管理人の前田です。

今回は、棚田会員の松本さんより写真の撮り方をご指導いただきました!

Instagramなどで写真を載せているときに、どうしても私たちが撮る写真はどうやっても田舎臭い写真になってしまっていました。

こんな写真ばかり撮っていて、写真の撮り方教えようか?と棚田まで来ていただきました!

そこで、写真は「優しさ」であり見ている人に何を伝えたいか、どういうことをこの一枚に詰めるかが大事。

そして、引き算。
伝えたいことに必要のないものは画角の中から引いていく。


今回は、「草払い」をテーマに撮影したので草払い機の刃を手前に出して今からやります!という雰囲気で撮影してみました。

人工物はできる限り排除して、草払い機と人と棚田の風景だけが残るように撮影すると、あら不思議。良い感じの写真が撮れました!

ちょっとした考え方の違いで写真の撮り方が変わるんだな!ととても勉強になりました!

これからも意識しながら、優しい写真を撮れるように頑張っていきます!

松本さん本当にありがとうございました!!!